上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋が片付いていないと余計なことに頭がいく。
もう少し具体的に言うと、頭の使用領域の一部を片付いていない部屋のことを考えることに使用されてしまう状態になる。これは、集中をする上では確実に邪魔になる。

たとえば、服が片付いていないとか、あの手紙はなんだろうとか、あそこ汚いな、掃除しなきゃとか、ティッシュがもうすぐなくなるとか、そういうことが視界に入ると気になってしまう。
職場でも同じだが、家のほうがたちが悪い。掃除をしようと思って大掃除になったりとか、ティッシュがないと思ったら家に在庫がないのでついでにドラッグストアで買うものを探すことになるとか、服を片付けたらランニングウェアを見つけて、最近運動不足だから走りに行ってしまうとか、派生しやすいのが家である。

物理的にものが片付いていないことが悪いのは当然なのだが、この片付けができていないのは「後でやろう」が原因であるから、総じていえば「何かと後回しにする癖」そのものが根本である。あとでやろうとしたことを何かの片付いていないものをトリガーに思い出しているという二つのことが起こっている。

逆に考えると、図書館やカフェが集中できるのは、そういった「自分のやりかけ」が目に入ってこないからだろう。
人の量や物の量で言えば図書館やカフェのほうが多いように見えるが、それらはすべて「私とは関係ないもの」として目に飛び込んでくるから、本当に気になるもの(挙動が変な人、知っている人、興味を持っているもの)がない限りは、頭の中に入ってこない。


仕事ができる人は、ひとつひとつの処理能力だけでなく、状況の整理力が高い。
次から次へとタスクが舞い込んでも平然と割り当て・処理をするには、この片付けをする力の高さも必要だろう。
後回しにせずに、すぐに片づけ、終わったら捨てる。保存するならいつまでか決める。
たかが片付け、されど片付け。ここはひとつ片付けする能力を磨いてみたいと思う。

そう思った今年のゴールデンウィークでした。
スポンサーサイト
才能とは生まれもったもののように思われる。
しかし、最近AIの機械学習などを見聞きしている中で、才能とは努力なのではないかと思うようになった。
AIで言うネコとイヌの違うを認識する力は、大量のネコとイヌの画像を見せることで違いを自ら学習することで身につく。
私たちもイヌとネコは幼少の頃からよく目にするので違いを認識できる。
私たちなら日本人と中国人、韓国人の区別もつくだろう。だが、アラブ系の顔の違いはなかなか区別がつかない。普段目にしないからだ。一方でアラブ系の方々であればその逆の現象が起こるだろう。そもそもアラブ系と括っているがペルシャは違う、とか(実際のところは知らないが)。
音楽というものも、好みの違いはあれど、作曲技法やコード進行、演奏の難しい楽器や、その時代の電子楽器技術の背景などを知ってるか知らないかで、語れるものはある。
写真も、好みの違いはあれど、絵としての構図、色合い、遠近法などのポイントを知っているのと知らないのでは撮る絵は変わってくる。
それは好きで大量のデータに触れていたかどうか。生まれもった能力ではなく他人が知らないところで(もしかすると本人も知らないうちに)どれだけ積み重ねたかであろう。
プログラミングのセンス、で考えればわかりやすい。いまの40代は確実に後天的である。そんなDNAなどありもしない。学生以降に興味を持って時間を投じた結果だろう。
同じ努力をできるかどうかは別として、他人の優秀さを才能と片付けず、努力を讃えるようにしたい。
年も明けたし、珍しくゲームの切り口で。
攻略本はキャラクターパラメータや全マップや呪文・道具一覧だけでなく、キャラクターデザイン集など攻略には不要な情報まで詰まってる。
攻略本買ったらゲームをクリアする楽しみがなくなると昔は思っていたが、そうではなかった。俯瞰してどんな設定たったのか、製作者がどういうことを考えて作っていたか、発見できなかったゲームの隅々までを味わい尽くすために必要なものだ。
大人になって思うのは、そこまでやるやつほど仕事を徹底的にできる。オタクの方が良いのだ。70%で諦めるより、100%やりきる人間でありたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。