上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.09.16 [287hits] SNS
今日は何となく思いつき。調べ事もしていないスカスカの記事です。
放置していると広告が入るのでたまには何でもなくても更新しようと思いつきました。


2000年頃は、各社がホームページを持つと同様に、個人も一人一つホームページを持つ時代が来るという話がささやかれ、一部ではホームページ作成ツールのネズミ講なども流行っておりました。とても懐かしいです。

実際はそんな大げさなものにはならず、もちろんホームページを構える個人の方も多々いましたが、自分で何から何までつくるのではなく、簡単に情報発信ができるSNSが流行りました。2005年ごろから日記のページとコミュニティ掲示板などを兼ね備えたmixiがその中枢を担っていたと受け止めております。
同時にホームページほどではないが少し情報発信にこだわりのある人はブログも持っていると、そんな感じでしょうか。

その後、2010年になるころにはTwitter、Facebookなどがスマートフォンと同時に台頭し、日々どこにいても手元に持っている情報端末から、その瞬間の情報を瞬時に短文で発信するライフスタイルが定着しました。

2015年ころから画像や数秒の動画を手軽に加工してUPするような流れも出てきまいた。インスタグラムが今若い人の間ではものすごく流行っています。


話を2000年に戻しますと、「個人も一人一つホームページを持つ時代」というのは遠からず外れてないように思います。むしろ、考えようによっては、一人がFacebookもTwitterもブログも持っていたりするわけで、用途に応じて様々な情報発信をしています。ホームページを持つより確実に個人を探せて、個人は確実に情報発信ができているわけです。ネズミ講の話にも本物の推測があったわけです。


と、それだけです。
SNSがここまでくると、倫理観で歯止めをかける以外のことは大抵がWebに乗っかってしまいます。旅行先も「見る」だけのものはだんだん有難味が薄れていくものもあり、体験型が人気を出してきていますね。10年20年でだいぶ世の中変わったなと思いました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。