中国の大卒での就職内定率が35%に低下したとのこと。
【日経新聞】 中国の大卒就職内定率35%に低下 13年春、ミスマッチなど響く

中国で大学生の就職内定率が大幅に低下している。今年6~7月に卒業を控えた大学生の今春時点での内定率は35%と、前年から12ポイント下がった。この10年間で大学などへの進学者数は3.3倍に膨らんだが、学生が希望する職種は少ない。雇用のミスマッチに加え、年明けからの景気減速で雇用環境が一気に冷え込んだ。


昨年から12ポイントダウンというのもすごいですが、大学進学率はものすごい伸びてますね。

せっかくなので、本日の朝刊に載ってた中国の大学進学者数のグラフに、
日本の数字を組み込んでみました。
大学進学者数(日中)
(日本の大学進学者数は文部科学省より引用)

中国の伸び方が半端なくて、日本が減少しているようにも見えます。
すごい伸び方です。
(実際のところ、日本は60万人~62万人を推移)


さて、中国の内定率の数字ですが、日本と時期はずれていますが、
要は卒業直前の数字ということですよね。

日本で卒業直前の数字は2月に統計を取っています。
それによると77%から88%の間を推移しています。(参考グラフ
今年は81%と、中国に比べると良好な数字です。


ようやく言いたいことにたどり着きました。

では、それぞれの就職者数はどの程度かというと、

 日本:60万人×80%=48万人
 中国:700万人×35%=245万人


すごいですね。日本の5倍もの大卒者向けの仕事があるということです。

そして、面白いことにこの数字に似たものを見つけました。
というかそれ以前に最近のGoogleはなんかいろいろすごいなと
思ってしまったので、ちょっと画像はそのまま使ってます。

GDP比較

・中国が2001年から2013年でほぼ7倍
・日本がほぼ横ばい

厚生労働省が2010年に出している「世界の厚生労働」によると
中国の大卒者の就職内定率は「70%前後にとどまっている」とのことなので、
(ここは推測だが)2005年~2009年くらいは70%だったのでしょう。

そこから導き出すとすごい数字に巡り合います。

・2005年 330万人×70%≒230万人
・2009年 610万人×70%≒420万人

もっと誤差はあるとは思いますが、それでもすごい数の雇用が
生まれていたのでしょうね。
そして、今

・2013年 700万人×35%=245万人

これは厳しい。


日本もリーマンショック前後で大卒市場が大いに荒れたと思いましたが、
中国の荒れ方は半端じゃないですね。
というか、大学進学者多すぎでしょう。

英文サイトなのでこの数字があってるかよくわからないのですが、
中国の高等教育への進学率が28%程度という数字があるんですよね。
(参照:ユネスコデータセンター

最初の方に挙げた文部科学省のページにも、17%みたいな数字があったので
600万人、700万人の進学者がいて、数字上はすごいですが、
それも都市部の一部分の話なんでしょうね。


もう国が大きすぎてよくわかんなくなってきたので、
今日はここまで。

スポンサーサイト
「スティーブ・ジョブズ氏死去」
そんなニュースが飛び込んできました。

昔からのコアなジョブズファン、Macファン、Appleファンには到底及びませんが、
iPodで初めてApple製品を手にし、iPhoneで釘付けになり、
「驚異のプレゼン」(下記)でジョブズという人間の魅力を知りました。

 いろんなプレゼン本を読んでいましたが、
 この本を読んだ後にYoutubeで基調講演を見たとき
 いままでのプレゼン本の話がスッと理解できたというか、
 ゴールが見えた気がしたのを覚えています。

 言葉の選び方が天才的ですね。
 シンプルなコピーに凝縮されたメッセージ。
 プレゼンの神髄だと思います。

 他のプレゼン本でもお勧めはありますが、
 最終的には必ずこれを見てほしいと
 たぶんずっと言い続けます。
 それくらい「驚異」です。


彼の功績はいうまでもなく、iPhone4Sの発表記事よりもでかでかと
紙面を飾るほどの人間です。SB孫さんがレオナルド・ダ・ヴィンチと
並んで称賛される的なことを述べてました(コチラ)が、その通りだと思います。

パソコン時代の幕開けの頃の話は、正直私たち世代ではわかりませんが、
本日の日経夕刊に載っているここ10年の功績だけ見ても、
相当すごいことをしていることが明白です。

音楽のライフスタイルを変え(iPad)、
さらに携帯電話をスマホ時代へと変え(iPhone)、
そしてパソコンからタブレットへ(iPad)。

まさにイノベーション。発明家ですね。
世界を変えた発明家と言えるでしょう。


そんな世界を変えた男がこの世を去りました。


彼がいなくなり、Appleは減速してしまうのでしょうか。
つぎにこのような人間が現れるのはいつになるでしょうか。
どうすればこのような天才が生まれるのでしょうか。

ひとつの時代が終わったということでしょうか。
疑問は尽きませんが、とりあえずiPhone4Sを買うことを決めました。
いまわかるのはそれだけです。


最後になりましたが、偉大な発明家のご冥福をお祈りいたします。



PS ついでにこの伝説のスピーチも必見です。

 (スティーブジョブズ伝説のスピーチ)



健康保険組合から下記の本が送られてきたので、読んでみました。



それを読んでわかったことのまとめです。
いろんなことを鵜呑みにして書きますので、決して本ブログを鵜呑みにして
行動をすることのないようにお願いいたします。
スタンスとしては、ずっと震災前と変わらない生活をしている私が、
本書を読んで、自分の行動の根拠にしただけのメモですので。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

放射線により被ばくすると、がんや白血病になる可能性が高まるとのこと。
<放射線によるがんリスク上昇について>
よくわからないですが、まぁとりあえず避けたほうがよさそうです。


●そもそも放射線って何か。
次のような種類があります。

例:<放射性物質名>→<放射線>

A.ヨウ素131→ベータ線、ガンマ線
B.セシウム137→ベータ線
C.ストロンチウム90→ベータ線
D.プルトニウム239→アルファ線

  アルファ線 → 紙でブロック出来る
  ベータ線  → アルミなどの薄い金属板でブロック
  ガンマ線  → ブロックするには鉄くらいが必要とか

●被ばくするパターンは下記の2通り

1.外部被曝
2.内部被曝

 外部被曝の内訳
  1-1.空気中の放射線
  1-2.放射線を含んだ雨
  1-3.放射線を含んだ土壌

 内部被曝の内訳
  2-1.食べ物
  2-2.飲み物


それぞれ少し細かくメモします。

1-1.空気中の放射線

ヨウ素は爆発直後に大気中に拡散し、今はもうほとんど落ち着いてるようです。
確かに大気中の放射線測定は落ち着いています。

8/20の東京は0.0567μsv/h
<東京都健康安全研究センター>
世界平均から計算すると、0.27μsv/hまでいける?
<放射線と人体への影響 世界の1年間の放射線被ばく量>


1-2.放射線を含んだ雨

雨についても同様。なので、水道水も問題なさそうですね。

1-3.放射線を含んだ土壌

これが一番心配です。
土が風で舞い上がる直接的な影響もそうですし、
食べ物は土からとれるから心配です。
解決になってないですが、引き続き心配をしたいと思います。
うん。そうしよう。

2-1.食べ物

似た構造の栄養素をあらかじめ取り込んでおくことで、
放射性物質が体内に取り込まれないようにできるそうです。
あとから放射性物質が来ても、満員でもう乗れませんという
状態にしておけばいいんですね。

<セシウム137はカリウム、ストロンチウム90はカルシウムでブロックできるか!?>

<ヨウ素を含む食品>
<カリウムを含む食品>
<カルシウムを含む食品>


2-2.飲み物

食べ物と同様に気を付けよう!





おまけ。

1960年代に比べたら、今の放射線量など大したことないとか。
<「メイド・イン・ジャパン」風評にどう対処?―60年代の放射線量は1万倍だった>
<1960年代と同水準、米ソ中が核実験「健康被害なし」 東京の放射性物質降下量>