震災から1日でも早く復興することを願って、
しばらくデザインテンプレートを変えることにしました。

※(3/26訂正:見慣れない感じがするので元に戻しました)

ちょっと横の長さがつかみ切れていないので、
何文字くらいで改行すべきかわかりません。

横が短いと賢い文章が書きづらいですね。
ポエミーになってしまいます。
こんな発見をしている場合ではないので本文に移ります。


余裕がある方が有利ということ。

今回震災のあった日に東京では電車が止まり、
JRをはじめ、私鉄も地下鉄も復旧もめどが立ちませんでした。

私は会社から自宅までの距離がほかの人たちと比べてさほど
遠くない位置にありますので、最悪歩いてもいいし、
会社に泊まってもいいかなくらいに思っていました。

結果からすると、地下鉄が動いたのである程度帰宅でき、
30分歩いただけで帰れました。

また、先週の大規模停電の恐れがあるときに関しても、
23区は停電しないだろうとし、電車が止まっても歩いて帰れる
場所にいたので、喫茶店でのんびりしていたら、案の定、
17時~18時ころのラッシュが嘘のように駅が閑散としていました。

これらはこの震災で体感した
「余裕があるから待てた。待ったから結果的に良かった」
というケースです。


一方で、3年くらい前に福岡空港で機体故障のために待ちに待たされ
挙句の果てに今日はフライトしませんと言われたことがありました。

どうしてもそれに乗って東京に行かなければいけない人は、
いらいらしながらずっと出発を待って、地上係員に文句を言ったり
質問を繰り返したりしていましたが、お金や時間に余裕のある人は
早々に新幹線に切り替えたり、ホテルを探しに行ったりしていました。
(最後まで残った人たちはカプセルホテルなどを案内されました)


これらを見て本日の結論を出しますと、
自分が今持ち合わせている余裕(お金でも時間でも)を
フルに活かし、事態に対し高みの見物ができることが
ストレスの少ない結果をもたらすことができるのではないでしょうか。

単に最後まで待つのがよいわけではないですし、
早めに行動するのがよいわけでもないです。

余裕を持つためには、「お金」や「時間」もそうですが、
「情報」も必要ですね。
シーベルトだとかベクレルだとかに惑わされて、
あわてて買いだめをするのではなく、
現状を知り、人体への影響がでるのはどの程度かを
知ることが余裕のある行動を生み出します。

こんな状況ですので、「気持ち」だけは余裕を持っておきたいものです。




PS.
 ACのぽぽぽぽーんのCMが出た当初から好きだったのですが、
 だいぶ流行っているようですね。
 あれ見てると気持ちに余裕がでてくるのは私だけでしょうか。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/169-91bb81eb