FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康保険組合から下記の本が送られてきたので、読んでみました。



それを読んでわかったことのまとめです。
いろんなことを鵜呑みにして書きますので、決して本ブログを鵜呑みにして
行動をすることのないようにお願いいたします。
スタンスとしては、ずっと震災前と変わらない生活をしている私が、
本書を読んで、自分の行動の根拠にしただけのメモですので。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

放射線により被ばくすると、がんや白血病になる可能性が高まるとのこと。
<放射線によるがんリスク上昇について>
よくわからないですが、まぁとりあえず避けたほうがよさそうです。


●そもそも放射線って何か。
次のような種類があります。

例:<放射性物質名>→<放射線>

A.ヨウ素131→ベータ線、ガンマ線
B.セシウム137→ベータ線
C.ストロンチウム90→ベータ線
D.プルトニウム239→アルファ線

  アルファ線 → 紙でブロック出来る
  ベータ線  → アルミなどの薄い金属板でブロック
  ガンマ線  → ブロックするには鉄くらいが必要とか

●被ばくするパターンは下記の2通り

1.外部被曝
2.内部被曝

 外部被曝の内訳
  1-1.空気中の放射線
  1-2.放射線を含んだ雨
  1-3.放射線を含んだ土壌

 内部被曝の内訳
  2-1.食べ物
  2-2.飲み物


それぞれ少し細かくメモします。

1-1.空気中の放射線

ヨウ素は爆発直後に大気中に拡散し、今はもうほとんど落ち着いてるようです。
確かに大気中の放射線測定は落ち着いています。

8/20の東京は0.0567μsv/h
<東京都健康安全研究センター>
世界平均から計算すると、0.27μsv/hまでいける?
<放射線と人体への影響 世界の1年間の放射線被ばく量>


1-2.放射線を含んだ雨

雨についても同様。なので、水道水も問題なさそうですね。

1-3.放射線を含んだ土壌

これが一番心配です。
土が風で舞い上がる直接的な影響もそうですし、
食べ物は土からとれるから心配です。
解決になってないですが、引き続き心配をしたいと思います。
うん。そうしよう。

2-1.食べ物

似た構造の栄養素をあらかじめ取り込んでおくことで、
放射性物質が体内に取り込まれないようにできるそうです。
あとから放射性物質が来ても、満員でもう乗れませんという
状態にしておけばいいんですね。

<セシウム137はカリウム、ストロンチウム90はカルシウムでブロックできるか!?>

<ヨウ素を含む食品>
<カリウムを含む食品>
<カルシウムを含む食品>


2-2.飲み物

食べ物と同様に気を付けよう!





おまけ。

1960年代に比べたら、今の放射線量など大したことないとか。
<「メイド・イン・ジャパン」風評にどう対処?―60年代の放射線量は1万倍だった>
<1960年代と同水準、米ソ中が核実験「健康被害なし」 東京の放射性物質降下量>



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/192-e236fa14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。