今年の仕事のテーマのひとつが「準備と振り返り」。
この質をあげることは仕事の質に直結すると思っての取り組みです。

特に振り返りとまとめをすることはすごく大事で、何が起こってどうなろうとしているかを
もれなく把握し、他の事案や事象と結ぶ付けて整理していくことで、
情報が膨大になっても管理できるようになることでしょう。

仕事ができる人は、うまく頭が整理されているんです。

だからこそ本屋には、整理整頓に関すること、ノート術だったり、会議手法だったり、
手帳の使い方だったり、心を整えたりする本があふれているのです。

いまもなお有名な「知的生産の技術」(梅棹忠夫著)に関しても情報整理の本。
やはり振り返りをすることで情報整理をし、次の準備にあたることができる、と
そういうことですね。


これまでもいろいろ情報整理の仕方を考えて実践してきましたが、
この年末年始を経て、昨年の反省を生かした新しい2012年版ができたので
現在試運転中です。

ノート類は最小限にしたいのですが、今は下記を持ち歩いています。
・手帳
・仕事用ノート
・思いつきメモノート
・読書まとめノート(持ち歩かないことも)
・勉強まとめノート(持ち歩かないことも)
それでも列挙すると多いですね。
書きませんが、それぞれのノートと、ブログ、Evernoteなどで役割があり、
頭を整理できるように運用しています。

これが年末くらいにはどのように運用されているか楽しみです。

ノートを持つことも、運用ルールを作ることも手段です。
目的は上述の通り「振り返りをすることで情報整理をし、次の準備にあたることができる」
それが「仕事の質をあげる」ことで、そのまま「プライベートの質」もあがると考えています。

年末にしっかり「振り返り」をしてさらに向上していきます。



PS とか、そんなことを考えた流れでブログタイトルにサブタイトルを入れましたw

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/205-d5df06cb