FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニで漫画雑誌なりスポーツ雑誌なりを手にとって立ち読みするとき、
たいていの場合、読みたいと思ったところだけを読んで、
全てを読むことはありません。

ただ、その雑誌を買ったときは、わりとまんべんなく読むことが多いです。
買ったからまんべんなく読むのか、
まんべんなく読みたい記事があるから買ったのか、
どちらが起点になっているかわかりませんが、そういう風に読んでます。

それに比べると、新聞は購読していても、
雑誌ほど読みつくしていない気がします。
「読破率」とか勝手に名前を付けて比較すると、

 ・雑誌立ち読み 20%
 ・雑誌購読   70%
 ・新聞     40%
 ・読書立ち読み 20%
 ・読書購読   80%

こんな感じでしょうか。

そう、買った本というのは結構真面目に読もうとしてしまいます。
ですが、紙媒体の情報と言う点では他と同じですし、
とにかく自分の目的の行動につなげるための情報収集という意味では
テレビやインターネットサーフィンや人との会話と
なんら変わらないわけでして、読書だけすべてをむしゃぶり尽くす
必要はないのです。


もちろん価値ある情報は
(もはや大切な本は「情報」と軽々しく扱うのも憚れる)
手元に置いておいて、何度も読み返して血肉化することが望まれますし、
それがしやすいのが本という媒体のいいところなのは間違いないですが、
最初から肩ひじ張ってすべてをちゃんと読もうとする必要はないよね、
と、今回はそういう話でした。


昨日、ぱっと一冊本を買って、
今日、ぱっと読み切りました。


こんなのでも有益な情報は得られましたし、
それでも読書は読書。

じっくり図書館でメモしながら読んでも読書。


形にこだわらず、自由に本を味わいたいと改めて思いました。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/259-3d7a9163
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。