ふと思いついただけの雑文なので、流し読みしていただいて結構なのですが、
よく考えたら、流し読みする以前に、きちんと読んでくれるような読者が
いるわけでもないのに、流し読みしろだなんておこがましいにもほどがある
発言だと気づきました。

なので、無駄に書き出しの段落を長くしてみたのですが、
それはそれで、ちゃんと読もうと思ってくれた方さえも
流し読みしてしまう要因を作っただけでした。



さて、よく若いころの上司などは、キャバクラでお姉さんを
盛り上げるのも、街でナンパしてお茶しにいくのも、
もう少し深入りするような話も、すべて自分の身を賭けた交渉ごとで、
仕事に通ずるところがある、と指導することがありました。

私にはそのような先輩がいなかったので、特に関係しないですが、
そんな話を聞くことがありました。


人は仕事一辺倒では情報が偏ってしまいますので、
このような「遊び」に満ち溢れた先輩はとてもよいと思います。

ですが、ふと思いついたのですが、べつに夜遊びをしていないでも
仕事をしていれば、「仕事に通じる」どころか仕事そのものの実践を通じた
交渉の訓練ができるのではないでしょうか。


学べる人は、遊びからも学びますし、
学べない人は、仕事からも学べないのは、
もはや言うまでもありません。


何が言いたいかというと、私みたいに若いころ身の回りに
夜遊びの情報が豊富な先輩がいなくても、その手のことが
得意でなかったとしても、仕事でしっかり学習できれば
それで十分なので、無理に遊ぶ必要はないということです。

自分が好きな趣味に打ち込んでいれば、
それはそれで、よい心の安らぎにもなり、
仕事一辺倒の考え方や人脈から脱却もできます。


変に焦らず、しっかり生きていきましょう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/264-18005a24