今、仕事で第二新卒的な若い後輩の指導をしながら仕事をしているのですが、
そこで多くのことに気づくことになりました。


まず、教えているのはこちらのはずなのに、おそらく教わっている彼より
私のほうが新しい発見が多いだろうこと。

仮に10の説明をして、彼が3~5を理解したとします。
しかし、その話をしながらこちらは既知の事の理解が深まるだけでなく、
その説明におけるたとえ話などで、ほかの概念と結びついたり、
より端的な表現を見つけたりと、10どころか15くらいの理解に
なっているということです。


また、社会人暦の差なのか、年の功か、わかりませんが、
非常に後輩の言動が読み取れるということも発見です。

むしろこれはその後輩だけでなく、来客に来た営業担当でも
手に取るようにわかりました。その方の過去の経歴が当たってたときは
われながら驚きましたが。


そこで相対的に見えることがあります。

つまり、私の行動も50歳の上場企業の部長さんとかからすれば
お見通しなんでしょうね。
仕事を通じていろんな人を見てきてるでしょうし、
裏切りにもあいながら、人を信じてみたり、見抜こうとしてみたりを
繰り返しながら実績を積んでいることでしょう。

そんな人の前で小手先の嘘を固めた話をしてもしょうがないのは
一目瞭然ということですね。

いまさらになって、いかに素直に純粋に営業することが
大事かがわかりました。


人生、学ぶことが多いものです。生きててよかった!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/267-82ae4455