モノの生産、企画開発であれば、例えばiPhoneのように、顧客も想像できない新しいモノを生み出すことができる。
それは企画の段階で、製品の概念を再構築して必要な要素やユーザーの利用環境が変わるところまでイメージして作るはずだ。
だが、人材ビジネスにおいては、提供すべきは人であり、物理的な限界が存在する。
これを他業界の概念などを引用しサービスの部分でうまくイノベーションとできたら大したモノなのだが。。
スポンサーサイト