才能とは生まれもったもののように思われる。
しかし、最近AIの機械学習などを見聞きしている中で、才能とは努力なのではないかと思うようになった。
AIで言うネコとイヌの違うを認識する力は、大量のネコとイヌの画像を見せることで違いを自ら学習することで身につく。
私たちもイヌとネコは幼少の頃からよく目にするので違いを認識できる。
私たちなら日本人と中国人、韓国人の区別もつくだろう。だが、アラブ系の顔の違いはなかなか区別がつかない。普段目にしないからだ。一方でアラブ系の方々であればその逆の現象が起こるだろう。そもそもアラブ系と括っているがペルシャは違う、とか(実際のところは知らないが)。
音楽というものも、好みの違いはあれど、作曲技法やコード進行、演奏の難しい楽器や、その時代の電子楽器技術の背景などを知ってるか知らないかで、語れるものはある。
写真も、好みの違いはあれど、絵としての構図、色合い、遠近法などのポイントを知っているのと知らないのでは撮る絵は変わってくる。
それは好きで大量のデータに触れていたかどうか。生まれもった能力ではなく他人が知らないところで(もしかすると本人も知らないうちに)どれだけ積み重ねたかであろう。
プログラミングのセンス、で考えればわかりやすい。いまの40代は確実に後天的である。そんなDNAなどありもしない。学生以降に興味を持って時間を投じた結果だろう。
同じ努力をできるかどうかは別として、他人の優秀さを才能と片付けず、努力を讃えるようにしたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sacrificehits.blog47.fc2.com/tb.php/280-2a292629